about

ご訪問ありがとうございます.
株式会社 田村製作所が手がける鞄や財布・革小物の
オリジナル製品「TAMURA」のオンラインストアです.


<沿革>

代表の田村光啓は以前、帆布製カバンメーカーに
勤めておりました.
約7年勤めた後、帆布やナイロン生地を用いたバッグブランドを
立ち上げようと退社します.
ところが試行錯誤の中で出会った革製品の深みを知るにつれ、
その魅力から離れられなくなってしまいます.
そこから革製品の製作を独学で進めることになります.
いくつかのチャンスに恵まれ、
いわゆるOEM(他社ブランド製品の製造)をはじめる機会を得ました.
そこで経験をつませていただき、2015年、
ファクトリーブランドとして「TAMURA」を発表することができました.
なにかと目に留めていただく機会も増え、
百貨店でのPOP UP EVENTなどにも参加させていただけるようになりました.

2019年はイベントへの参加よりも製作や新商品への取り組みを優先し
オンラインストアでの販売に、より注力していきたいと考えています.


<製品の特徴>

ある製品を考える場合、それは部分(細部)の集まりであり、
その総和です.
しかしながら、素晴らしい製品というものは、
そうした単純な足し算を超えたものとして成立している
と考えられるのではないでしょうか.

「TAMURA」において、まず大切にしていることは清潔感です.
端から端まで気をぬくことなく仕上げられた製品には、
一瞬、持つのもためらわれるような感覚を抱かされませんか?
その研ぎ澄まされた感じというのは、ある種の清潔感であり、
ひいては美しさにつながると考えています.

弊社ではミシンを使用して製品を仕立てていますが、
その縫い目は手縫いで仕上げたような表情になるよう
ミシンをチューンナップしています.
斜めに連なるステッチは独特の顔つきを見せてくれます.

パーツとパーツを縫い合わせた端は、
切り目仕上げといって、切りそろえて磨いた後に染料をさして
仕上げるという方法をとります.
そうすることによって商品に輪郭をつくり、
表情をよりしゃきっとさせる効果があります.

また、厳選された皮革素材の中から弊社オリジナルの企画で
作ってもらった皮革も使用しはじめています.

そのように部分部分に創意工夫を凝らすことによって、
「TAMURA」では単純な総和では終わらない製品づくりをめざしています.


「TAMURA」にどうぞご注目ください.


オフィシャルサイト www.tamura-works.jp

  • Home
  • About
  • Blog